マテリアルフォース改造 仮面ライダー新1号




言わずと知れた
最初の仮面ライダー。

『仮面ライダー1号』

強化バージョンの新1号です。

旧1号も好きなのですが、
まず最初は、新1号を!と思い、
作ってみました。

いつの日か、
旧1号も作ってみたいと思っています。
 
でもそれは、いつの日になることか。。 



使用した素材は、
・マテリアルフォース(黒)
・HG(スタンド付き直立タイプ)
・熱収縮チューブ
・ティッシュペーパー
です。

HGからは、頭部・コンバーターラング・ベルト・背中の羽?を使用しました。

HGの頭部は、造形的にも出来が良かったので、そのまま使用しています。

コンバーターラングは、切り離して薄く削った後、マフラーモールド部分をパテで修正し、マテの胸部に瞬間接着剤で貼りつけました。
同時にマテとの接着部分の隙間も、パテで埋めて修正しています。
また、腰の可動を考慮し、コンバーターラングの三段目をカット。
マテの腹部に塗装を施して再現しています。

この画像では見えませんが、背中の羽?と思われる部分も、薄く削り、瞬間接着剤で貼り付けています。

ベルトの取り付けは、マテの腰部を若干削ってから、瞬間接着剤にて固定してあります。

グローブとブーツは、熱収縮チューブを使用して再現しました。
また、大腿部にもこのチューブを被せ、ボリュームUPをしています。

この熱収縮チューブ。
電気関係の仕事に就かれている方には、お馴染みのものだと思います。
サイズも色々あり、改造には便利な代物です。
しかし、塗装ののりが良くないのが難点です。
撮影中も動かすたびに塗装がボロボロ剥げました(>_<)

さて、マフラーですが、
こちらは、色々な素材を試した結果、ティッシュペーパーを使用することにしました。

と言っても、
大げさなことは全然なく、ティッシュペーパーを赤く塗装して首に巻いただけなんですけどね。

でも、マフラーの布の質感が再現できたように思えます。
自己満足ですが。。。(笑)



と、言っている間に完成した、

仮面ライダー新1号です。

作る途中で遊び過ぎて、全体的にテカってしまいましたが、
つや消しカラーで塗装してあります。

体側の銀のラインは、全てフリーハンドで書き込みました。

そのおかげで、直線とは言えず、波打ってますね。。。

必殺の「ライダ〜キック!!」
この技を繰り出したくて、子供のころは、無茶な特訓を繰り返したものです。

その特訓。今思えば、ゾッとします(*_*)

一文字隼人が日本を去り、再び日本の守りに就いた時の本郷猛の姿、新1号。
しかし、新1号になった経緯は謎とされています(劇中では、次の週でいきなりの登場)
設定では、本郷猛がショッカーにわざと捕らわれ、
再改造手術を受けたとありますが、
劇中でそれが描かれることはありませんでした。
その中にはきっと、息詰るドラマがあったに違いありません。
本郷猛とショッカーの間で、
どんな駆け引きと戦いがあり、
新1号が誕生したのか?

テレビの画面で見たかったものです。
戦いが終わり、
夕日をバックに佇む姿を、イメージしてみました。

やはり仮面ライダーは、
暗がりや夕日が似合いますねぇ。



    

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO