装着変身・GE−18 仮面ライダーBLACK・RX




装着変身
『仮面ライダーBLACK』シリーズ第二弾
『仮面ライダーBLACK・RX』です。
  
パーツ構成は、BLACKと同じく、

・頭部

・胸部

・肩アーマー

・ベルトバックル

の4点と、素体から構成されています。

その他に、標準仕様と発光仕様の『リボルケイン』が
2本付属しています。
胸部バーツは、BLACK同様、
背中パーツのヒンジが、胸部前面パーツを包み込む
形で素体に固定されます。

デザイン上の違いからか?

BLACKのものに比べて、RXの胸部パーツは、素体
から外れやすいような気がします。

私のものだけなのかもしれませんが。。
お馴染みのパーツ装着前の素体

素体の頭部は、BLACKと同じ造型の『倉田てつお』
ヘッドが使用されています。

ただ、

BLACK付属の倉田ヘッドよりも、こころなしか塗装が
大雑把?のような気がします。

これも、私の物だけに言えることかもしれませんが。。
この画像ではわかりにくいかもしれませんが、体及び
手足は、黒ではなくグレーで塗装されています。

頭部をはじめとする、プラスチックパーツの成型色も
グレーです。

なぜにグレーになってしまったのか。。。。?

それは謎です。

この点は、ちょっと残念ですね。
実写を見ても、あの色はどう見ても黒ですし。。。。

『カスタムリペイントせよ!』との、メーカーからの無言
のお告げ?なのでしょうか?

それとも、消費者を舐めてる??

コレでは、
『BLACK・RX』ではなく、『GLAY・RX』ですよね(笑)
『仮面ライダー〜』

肘及び膝の二重関節と、可動する肩アーマーにより、
可動範囲は広いです。

『BLAァッCK!』

テレビのポーズも思いのまま。

で・も。色は灰色(笑)
『ア〜ルッ、エ〜ックス!』

欲を言えば、手首にボールジョイントなどによる関節
を設け、可動するようにして欲しかったです。

それから、

脚を広げて立たせたときの接地性が悪いので、足首
関節の可動範囲も、もう少し広げて欲しかったです。
全体的なプロポーションは、BLACKよりも良いと思
います。
BLACKで気になていた首の長さも、RXの場合には
胸アーマーの襟部分で緩和され、さほど違和感があ
りません。
ただ、襟から背面にかけて、もう少しボリュームが欲し
いですね。
実写のような、頭部から襟、そして背面に至るまでの
ラインが全く再現されていません。
BLACKから始まったこのシリーズ。
この『RX』の他に、
『バトルホッパー&アクロバッター』も発売されました。

そして、宿敵『シャドームーン』も発売。

ココまでくると、残る2体の発売も期待できますね。
さらには、怪魔ロボットなんかも。。。
予想もしていなかったラインナップだけに、今後の展開が楽しみです。

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO