マテリアルフォース改造 仮面ライダーBLACK・RX 



クライシス帝国への協力を拒んだために、宇宙空間に放り出された『仮面ライダーBLACK・南光太郎』が、太陽の光を浴びて強化変身した姿。
『仮面ライダーBLACK・RX』です。

前作
『仮面ライダーBLACK』の続編として登場しました。
また、
主人公の
『南光太郎を、倉田てつを氏が2年連続で演じるということでも話題を呼びました。

『俺は太陽の子!』
『仮面ライダーBLACK!』 
『アール!エックス!
と、
こんな名乗りをあげて登場した
『RX』

強化したわりに、見た目が前のBLACKより弱っちく見えて仕方がなかったのですが、見た目で判断してはいけません。
どんどんエスカレートしていく彼の力に、
クライシス帝国もついに滅びてしまいました。

歴代仮面ライダーの中で、
彼が最強なのではないでしょうか?
さて、改造の素材は、

・マテリアルフォース(青)
・HG仮面ライダーBLACK・RX
・¥100ソフビ 仮面ライダーG−3
・真鍮線(0.5mm)
・プラ棒(2o)
・熱収縮チューブ
・Hアイズ(2o)

です。
頭部をHGからそのまま使用。
アンテナのみを真鍮線に換えてあります。

胸部は、HGの胸部分を極限状態まで薄く削り、マテに被せました。
その際、マテの胸筋の部分もある程度突起や凸凹がなくなるくらいに削りました。

ベルトと腰の部分もHGを薄く削り装着しました。

肩アーマーは、HGのものでは、小さすぎて使用できなかったので、¥100ソフビG−3のアーマーを流用しました。
BLACK同様、胸部のパーツと連結させ、肩アーマーの自由度をとってあります。
両腕と両足は、熱収縮チューブを被せてボリュームを増しています。

左腕のブレスレット?は、アルミテープを巻いて、その上にHアイズを貼り付けました。
また、Hアイズは、ベルトのバックル部分にも二つ使用しています。
塗装は、RXの緑が微妙な色だったので、様々な色を調合し、偶然に出来上がった色を採用。
フラットベースを混ぜ。つや消しにして塗装。

今となっては、その調合比率は不明です。
もう、この色は再現できません(笑)
『リボルケイン!』
RXの武器。
ベルトから生成される?光の剣です。
剣を持って戦うライダーは、RXが初めてですね。
あっ、それから、
始めて
4輪車に乗ったライダーでもあります(笑)

リボルケインは、プラ棒とエポパテで造りました。赤い部分には、Hアイズを奢ってしまいました(^_^;)

そして敵をしとめる時も、キックではなく、リボルケインによる技が主流になりました。
必殺の技は、
『リボルクラッシュ!』


敵をしとめた後の決めポーズ
このあたりは、メタルヒーローの影響があるような気がします。
そう言えば、テレビのナレーターもギャバンとシャリバンの人だった(^_^;)



『RXキック!』
必殺のキックではなく、
リボルケインへのつなぎ的な技になってしまいました(>_<)



『BLACK』から『RX』へ、
その力は、
『キングストーン』によって、進化する。
そして、更なる
進化の予感が。。。





    

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO